イベント

魔法の美術館 Art in Wonderland

クラシックの雫2018 第1回 『機械仕掛けの混沌~それぞれの美学~』

開催日時:2018/6/8(金)開場18:30、開演19:00
開催場所:4F アンサンブルホール

2018年06月07日 更新

クラシックの雫 2017  第4回  『マロと若き演奏家との音楽作り』  『Maro's Music Garden』



第1回  『機械仕掛けの混沌~それぞれの美学~』


【開催日】

 
  2018年
6月8日(金) 開場18:30、開演19:00


【会 場】

 富山市民プラザ 4Fアンサンブルホール
【入場料】  
 一般     2,500円(当日3,000円)

 高校生以下  1,500円(当日2,000円)

 チケットについて詳細はこちらをご覧下さい。
 (クラシックの雫公式ホームページへ)

【お問合せ】

 クラシックの雫 事務局   090-8090-7360

プログラム


ロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 
 ラフマニノフ:ピアノ三重奏曲 第1番 ト短調 
   ショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲 ト短調 作品57


出演者


■西江辰郎(ヴァイオリン) ●新日本フィルハーモニー コンサートマスター

西江辰郎(ヴァイオリン)

東京都出身、在住。桐朋学園ソリスト・ディプロマコース修了。辰巳明子、安永徹、TiborVargaの各氏に師事。24歳で仙台フィルのコンサートマスターに就任。国内外のオーケストラと共演。2009年アールガウ響のソリストに抜擢されチューリッヒのトーンハレで演奏。2015年には久石譲の新曲「室内交響曲」の世界初演にて6弦エレクトリックヴァイオリンのソロを務め話題になった。ソロ・室内楽にも積極的に取り組み、ミッシャ・マイスキーやG.アンダローロ、Jazzの上原ひろみ等と共演。2016年「題名のない音楽会」にゲスト出演。新日本フィルコンサートマスター。本年5月10枚目となるCDをハープとのデュオでリリーズ予定。

■上森祥平(チェロ) ●齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞

上森祥平(チェロ)

京都府出身、在住。東京藝術大学在学中、日本音楽コンクール第1位及び「松下賞」受賞。安宅賞受賞。アイザック・スターン、エマニュエル・アックス、ジュリアード・クァルテット、ヨーヨー・マ各氏のマスタークラスを受講。ベルリン芸術大学を卒業後ソロ・室内楽・主要オーケストラ客演首席などで活躍。2008年よりJ.S.バッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を毎年開催。NHK-BSプレミアム、NHK-教育テレビ、FM他多数出演。ヴォルフガング・ベッチャー、河野文昭、山崎伸子、雨田一孝の各氏に師事。京都市芸術文化特別奨励者、京都府文化賞奨励賞受賞。第14回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。

■中沖いくこ(ピアノ)

中沖いく子(ピアノ) 雫プロデューサー

ドイツ・メンデルスゾーン・ライプツィヒ音楽大学首席卒業。ドイツ新エルブランド交響楽団と共演。ドイツ、ポーランドで演奏会開催。帰国後、著名音楽家との共演多数。ラジオパーソナリティ、合唱団創設など多方面で活躍。千代緑、江戸輪陽子、辰巳光子、水本雄三、八重口敬子、Martin Hughes、Tomas Markus、田崎悦子各氏に師事。(一社)富山県芸術文化協会平成27年度奨励賞受賞。全日本ピアノ指導者協会正会員。「音楽企画ムジーククライス19」主宰。CD「3分間の邂逅vol.1」好評発売中。


■新井紗央理(ヴァイオリン)

新井紗央理(ヴァイオリン)

富山市出身、在住。富山県立富山中部高等学校を経て東京音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。小澤眞琴、進藤義武、中村静香の各氏に師事。第20回富山県青少年音楽コンクール最優秀賞、NHK富山放送局長賞受賞。第8回大阪国際音楽コンクール ヴィルトーゾコース第4位。2010年チョン・ミョンフン指揮 特別演奏会“リゴレット”に出演。2012年小林研一郎指揮 シンフォニーオーケストラヨーロッパ演奏旅行に参加。現在、SOSEIミュージックアカデミーヴァイオリン講師。新井ヴァイオリン・チェロ教室主宰。


■亀山晴代(ヴィオラ) KAMEYAMA Haruyo(viola)

亀山晴代(ヴィオラ)

兵庫県出身、在住。京都市立芸術大学卒業、桐朋学園大学院大学修了。第3回名古屋アンサンブルフェスタにて特別講師賞受賞。小澤征爾音楽塾プロジェクト、アトリオン国際室内楽アカデミー等に参加。桐朋オーケストラ・アカデミー、兵庫芸術文化センター管弦楽団アソシエイトプレイヤーを経て、現在は室内楽やオーケストラなど多方面で演奏活動を行っている。また桐朋学園大学附属子供のための音楽教室にて後進の指導に当たる。ヴィオラを川本嘉子氏に師事。



この音楽に、このワイン


ソムリエ松谷幸司が選ぶ、音楽にベストマッチな特別なワイン。
大人が楽しむ、音楽とワインのマリアージュ・・・
コンサートの休憩時間(20分間)に、グラスで販売します。


■松谷 幸司 ワインソムリエ
松谷幸司(ワインソムリエ)
2003年独立開業、『リストランテ・ワイニスタ』オープン。毎月変わるディナーコースの料理一皿ごとに、相性の良いワインが一杯ずつ適量サーヴされる「グラスワインのコース」はオープン当初から続くワイニスタならではの魅力的なスタイル。17年3月、カジュアルでお洒落な雰囲気のイタリア食堂『ファットリア・デル・グラッソ』オープン。そして17年7月、カラオケに合わせて楽器演奏ができるバー『スタジオ・ペケペケ』オープン。


過去の「クラシックの雫」