イベント

おすすめイベント情報

クラシックの雫2018 第3回 『ラ・ヌーヴェル・バンド~出逢いは、こころみ~』

開催日時:2018年12月15日(土)アンサンブルホール

2018年11月06日 更新


クラシックの雫2018 第3回 『ラ・ヌーヴェル・バンド~出逢いは、こころみ~』

廣瀬大悟プロデュース。掌に収まるほどの小さな箱から多様な音色を醸し出すクロマティック・ハーモニカと、その表現力の奥深さから「小さなオーケストラ」と称されるクラシックギター…

「雫」初お目見えの、2つの楽器が「廣瀬スタイル」のもと、幸福な出会いを果たします。
バロックから20世紀までの定番のクラシカルレパートリーを始め、魅力的なオリジナルソロ作品までを、ヴァイオリン、チェロ、ピアノを交えたアンサンブルでお楽しみください。




第3回 『ラ・ヌーヴェル・バンド~出逢いは、こころみ~』


【開催日】

 
  2018年12
月15日(土) 開場15:30、開演16:00


【会 場】

 富山市民プラザ 4Fアンサンブルホール
【入場料】  
 一般     2,500円(当日3,000円)

 高校生以下  1,500円(当日2,000円)

 チケットについて詳細はこちらをご覧下さい。
 (クラシックの雫公式ホームページへ)

【お問合せ】

 クラシックの雫 事務局   090-8090-7360

プログラム



タレガ:アルハンブラの思い出、ショスタコーヴィチ:「ジャズ組曲」より
ジェイコブ:5つの小品、シューベルト:「アルペジョーネ・ソナタ」より 他
       


出演者


■比嘉祥人 Sachito Higa (クロマティック・ハーモニカ)

比嘉祥人 Sachito Higa (クロマティック・ハーモニカ)

朝日町出身、富山市在住。2000年より世界的ハーモニカ奏者の和谷泰扶氏に師事。2004年、F.I.H.JAPAN ハーモニカコンテストにおいて第1位及び総合グランプリ受賞。2006年、アジア・太平洋ハーモニカ大会(台湾)において第2位受賞。2007年、日本ハーモニカ賞「奨励賞」を受賞。2012年、沖縄県宜野座村のがらまんホールに於いて、初ソロ・リサイタルを開催。同年ファーストアルバム「Concerto for Harmonica」をリリース。2005・2013年、ワールド・ハーモニカ・フェスティバル(ドイツ)において第2位受賞。

■大橋俊希 Toshiki Ohashi (ギター)

大橋俊希 Toshiki Ohashi (ギター)

神奈川県出身、富山市在住。クラシックギターを大橋博和、大橋俊和各氏に師事。大場悟、W.Kanengiser、福田進一、池田慎司、S.Grondona各氏のマスタークラス受講。95年、第24回神奈川新人ギタリストオーディション首席合格。04年、第22回スペインギター音楽コンクール第1位入賞、駐日スペイン大使杯及びディプロマ、スペイン政府観光局長杯を受ける。09年、北日本新聞ホールにてリサイタル開催。現在、各地での独奏・室内楽等の演奏活動に加え、主宰する大橋ギタースクール等で後進の指導にあたる。公益社団法人日本ギター連盟正会員。中央大学文学部卒業。www.ohashi-guitar.com

■藤田千穂 Chiho Fujita (ヴァイオリン)

藤田千穂 Chiho Fujii (ヴァイオリン)

神奈川県出身、富山市在住。東京都立芸術高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学研究科、ウィーン市立音楽院修了。神奈川音楽コンクール最優秀賞、日本クラシック音楽コンクール特別賞、全日本ソリストコンテスト優秀賞、YBP国際音楽コンクール技能賞。スイスの国際音楽祭Ticino Musicaにてソロリサイタル開催。現在、室内楽、オーケストラ等で演奏活動を行う。ユニット「エンジェリズム」メンバー。桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」富山教室講師。



■井上貴信 Takanobu Inoue (チェロ)

井上貴信 Takanobu Inoue (チェロ)

埼玉県出身、在住。3歳でヴァイオリンを始め、10歳でチェロに転向。東京音楽大学付属高等学校、同大学を経て、同研究科を修了。2012,14年ドイツの国際音楽祭“CIMF in Germany”に全額奨学金を受け参加。期間中、多数の演奏会に出演し好評を得た。2012~14年、フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。クラシックの活動の他、アーティストのライブやテレビ番組、PV出演等、幅広い分野で演奏活動を行う。富山市の新井ヴァイオリン・チェロ教室にて後進の指導にあたる。松波恵子、堀了介、田中雅弘の各氏に師事。



■藤井亜里沙 Arisa Fujii (ピアノ)

藤井亜里沙 Arisa Fujii (ピアノ)

富山市出身、在住。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション優秀賞。富山県新人演奏会において、北日本新聞音楽奨励賞。北日本新聞推薦演奏家シリーズピアノリサイタルを開催。ソロ、ジョイントリサイタルを開催、伴奏、室内楽においても活動を行う。最近では、絵本の読み聞かせと音楽のコラボレーションによるコンサートにも出演。現在、桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」富山教室講師。ピアノ教室主宰。


■廣瀬大悟 Daigo Hirose (案内人)

廣瀬大悟 Daigo Hirose (プロデューサー)

滑川市出身、在住。県立呉羽高等学校普通科音楽コース、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。独自のプロデュース理念に基づいたユニークなステージで知られるトロンボニスト。富山市民プラザ「音符のおしゃべり」プロデューサー、同「クラシック「逆引き」音楽事典」講師等、多方面で活動を行っている。FMとやま「レクサス富山 AMAZING CLASSIC」パーソナリティを務めるほか、コンサートMCでの独特の語り口でもおなじみ。ソリストとして、竹本泰蔵指揮東京佼成ウィンドオーケストラと共演。石川県小松市立高等学校芸術コース非常勤講師。 (一社)富山県芸術文化協会平成27年度奨励賞受賞。






クラシックの雫2018第3回「ラ・ヌーヴェル・バンド」 出演者インタビュー


質問1
タイトルの「ラ・ヌーヴェル・バンド」(=新しい楽団)が示すとおり、クロマティック・ハーモニカやギターを含むクインテット(最大で)という、あまり類を見ない編成の室内楽の公演ですが、どのような響きが生まれると思いますか?

質問2
今回は、かつて上方落語とのコラボや、人気俳優と4人の奏者によるオペラ翻案など、「雫」シリーズでもユニークなステージを創出してきた廣瀬大悟プロデュースによる公演です。まだ見ぬ廣瀬作品への期待や不安、廣瀬大悟氏のイメージや本人へのリクエスト・苦情など、思いつくままをご自由に述べてください。

質問3
公演を楽しみにしてくださっている方へ、メッセージをお願いいたします。


■ 回答者:比嘉祥人(クロマティック・ハーモニカ)

1.今回の編成は、私自身も未経験で、且つ他に聞いたことがないので、おそらく世界初の編成ではないかと思います。
響きに関しても、なかなか想像のつかないところではありますが、パンフレットにあるように、まさに「興奮か、衝撃か」のどちらか(あるいは両方)の響きが生まれると思っています。
 
2.今回の雫の公演も、廣瀬さんの独自の発想、独自の視点から実現することになり、クローズアップされることの少ない「クロマティック・ハーモニカ」としては、これほど嬉しく、また有り難いことはありません。
クロマティック・ハーモニカをただ取り上げていただけるだけではなく、挑戦的な編成、挑戦的なプログラムでの公演ですので、楽器においても、また演奏者としても、新たな可能性、新たな世界を開拓できる貴重な機会をいただけたことにも、とても感謝しております。
 
3.「興奮か、衝撃か」だけではなく、ある意味「歴史的瞬間」に立ち会えるのかもしれません(笑)。
世界の誰もが耳にしたことのない響きが生まれると思われますので、この機会を是非ともお見逃しなく!!!!


 回答者:大橋俊希(ギター)

1.それぞれの楽器の音色に親しんできた方でも、どのように融合するかは想像し難い編成です。聴き慣れた楽曲がどのような響きになるか。初めて聴く音楽がいかなる印象をもたらすか。聴いて頂く皆さんにとっても、演奏者にとっても、新たな発見の連続と思います。

2.日頃は定番の編成で演奏会に臨むことばかりですが、廣瀬さんがカラむと今回のようなことになります。安心していられません。どのようにアイディアを取り出すのでしょうか。本が整然と並ぶ図書館から一冊を選ぶように、なのか。ゴミ屋敷に飛び込んで一握りなにかをつかむように、なのか。今度訊いてみます。

3.クロマティック・ハーモニカとギターは、現代ではクラシック音楽界のメインストリームに位置する楽器ではありません。それでも、素晴らしい作品を書いてきた作曲家や、熱烈な愛好家は、大勢います。皆さんにも楽器の魅力を感じて頂けたら嬉しいです。今回は、クラシックの王道であるヴァイオリン、チェロ、ピアノの皆さんの力添えを得た、異種楽器融合の公開実験です。


■ 回答者:藤田千穂(ヴァイオリン)

1. 私にとって未知の楽器、未知の組み合わせですが、面白い化学反応が起きそうでワクワクします。

2. 廣瀬大悟というアーティスト、これまた、私にとってまだまだ未知の謎多き人。それが、彼の魅力なのだと思います。
どんな仕掛けをポケットに隠しているのか。これからどんな思いがけない要求が、そしてどんなタイミングであるのか、いろんな意味でドキドキします。

3. メンバーとお客様と共に、新しい響きを楽しみたいです。心を込めて…


■ 回答者:井上貴信(チェロ)

1.どのような響きになるか未知数ですが、各々の楽器が持つ魅力的な音色が重なり合い、素晴らしい音楽が生まれるのでは、と今からとてもワクワクしています。

2.数々の独創的な公演をプロデュースされている廣瀬さんに、今回声をかけて頂きとても光栄に思っております。
廣瀬さんはとても多忙で、どこのホールに行ってもチラシやポスターでお顔を見かけますし、ラジオ出演や数えきれない程のコンサートにご出演されています。おそらく廣瀬大悟さんってこの世の中に3人くらいいらっしゃるのだと思っています。

3.このような編成のアンサンブルは世界的に見ても初の試みだと思います。
新しい音楽が生まれる瞬間をどうぞご期待ください。


■ 回答者:藤井亜里沙(ピアノ)
1.私自身も、この編成での演奏は初めてで、今からワクワクしています。
初めて出合った新鮮さの中にも、前から知っていたような、お互いに寄り添いあって生まれる響きを表現できたらいいなと思います。
聴きに来て下さる方が引き込まれるようなステージをみんなで創り上げられたら素敵ですね。

2.今回の「雫」公演のお話を頂いた時、迷わず「ぜひ出演させて頂きたい!」と思いました。きっと私達にとっても忘れられない魅力的なステージを演出してくださると確信しています。
廣瀬さんには、新しい自分を引き出してもらえたら嬉しいです。
精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。

3.皆様に楽しんで頂けるよう心を込めて演奏したいと思います。
そして、音楽を通じて何かを感じとって頂けるステージにできたらいいなと思います。
ぜひ、お待ちしています!



プロデューサーからのメッセージ


「雫」の廣瀬プロデュース回は「少々変わったもの」をやるコンサート、というイメージがあるかもしれません。企画を練る立場としては、「他で聴けるものをわざわざ自分がやることはない」という気持ちが先に立っていることは確かで、それはこの「雫・第3回」に限らず、「音符のおしゃべり」や「クラシック“逆引き”音楽事典」も含め、市民プラザのイベントで自分が企画制作に携わっているものすべてに共通したポリシーであります。

徹頭徹尾、室内楽の楽器である(と私は感じている)ギターを雫に登場させたいという思いはずっとありました。そこに何かひと工夫を凝らしたいということで、よく知られているようで、実は未知の魅力満載のクロマティック・ハーモニカを合わせよう、というのがこの企画の発端でした。が、この組み合わせは例がないわけではありません。

そこにヴァイオリン・チェロ・ピアノというおなじみの顔ぶれ、室内楽のシーンでもオールマイティの役割をこなす3つの楽器をさまざまに組み合わせることで、思いもかけず広範な、そして多彩なレパートリーをお届けすることが叶いました。

「出逢いは、こころみ」-ときには予定調和でない、新しい世界を求めて冒険していくこと。この気概を持ち続けるのはなかなか難しいことですが、私が心からその腕前を信頼し、すべてをお任せできる今回の5人のキャストの存在が、それを素敵に実現してくれそうです。
ぜひ、お出かけください。

「クラシックの雫2018」
第3回プロデューサー 廣瀬大悟



この音楽に、このワイン


ソムリエ松谷幸司が選ぶ、音楽にベストマッチな特別なワイン。
大人が楽しむ、音楽とワインのマリアージュ・・・
コンサートの休憩時間(20分間)に、グラスで販売します。


松谷幸司 Koji Matsutani (ワインソムリエ)
松谷幸司(ワインソムリエ)

2003年独立開業、『リストランテ・ワイニスタ』オープン。毎月変わるディナーコースの料理一皿ごとに、相性の良いワインが一杯ずつ適量サーヴされる「グラスワインのコース」はオープン当初から続くワイニスタならではの魅力的なスタイル。17年3月、カジュアルでお洒落な雰囲気のイタリア食堂『ファットリア・デル・グラッソ』オープン。そして17年7月、カラオケに合わせて楽器演奏ができるバー『スタジオ・ペケペケ』オープン。





赤ちゃんとママのための『ミニしずく』


◻︎公開リハーサル「赤ちゃんとママのための『ミニしずく』」。小さなお子さんとそのご家族のために、コンサートのリハーサルの一部を公開いたします。

リハーサルだから、少しくらい泣いても大丈夫!お子様向けの楽器紹介のコーナーもありますよ。ベビーカーのお預かり、授乳コーナーの設置もございます。どうぞ安心してお出かけください。



【開催日】

 
   2018年12
月15日(土) 開場12:45、開演13:00(13:45終演)


【会 場】

 富山市民プラザ 4Fアンサンブルホール
【入場料】  
 未就学のお子様…無料
 小学生以上と大人の方…おひとり500円
 *お子様をお連れでない大人の方もご入場できます。
 *前売り券はございません。当日、受付にてチケットをお買い求めください。

 

【お問合せ】

 クラシックの雫 事務局   090-8090-7360


過去の「クラシックの雫」