イベント

2019年度

大人の音楽談義 2019【第1回】 ワインディング・ロード50年~鈴木茂が語る『はっぴいえんど』

※お問合せ多数につき、同時中継映像の上映決定。※
開催日時:2019年8月10日(土) 開場17:30 開演 18:00
会場:富山市民プラザ 3F AVスタジオ
入場料:当日 2,000円 ※全席自由

2019年06月05日 更新

大人の音楽談義2019第1回


恒例の富山市民プラザ「大人の音楽談義」が開催決定。

今年の音楽談義1回目は2019年 活動開始50年を迎える伝説のギタリスト、鈴木茂を迎えてその活動の原点である「はっぴいえんど」を中心に、ソロ活動や解散後の各メンバーとのエピソードなどを交えて濃密な半世紀を語っていただきます。ミニライブとして卓越したギターワークもお楽しみいただけます。聞き手・進行はかつて大瀧詠一に丁稚奉公(アシスタント)をしていたという音楽評論家、湯浅学。



大人の音楽談義 2019【第1回】 ワインディング・ロード50年〜鈴木茂が語る「はっぴいえんど」 同時中継映像の上映

【開催日時】  2019年8月10日(土)
  開場1730 開演 1800
【会 場】  富山市民プラザ 3F AVスタジオ
【内容】  大人の音楽談義 イベントの会場の様子を同時中継映像で
 お楽しみいただけます。
【入場料】  2,000円 ※全席自由
 ※当日は16:30より、チケットの販売を行います。
 ※満席になり次第、販売終了となります。
【備考】  ※本イベントは、映像上映のみです。
  会場に出演者(鈴木茂、湯浅学)の登場はございません。
 ※映像上映イベントにご参加いただいたお客様は、
  終演後の物販・サイン会にご参加いただけます。
【お問合せ】  <お問い合わせ>
 富山市民プラザ
 TEL 076-493-1313(9:00~21:00)

大人の音楽談義 2019【第1回】 アフターイベント「NAN(ナイアガラ・アナログ・ナイト)

【開催日時】  2019年8月10日(土)
  開場20:30 開演 21:00~23:00
【会 場】  Café54(富山市中央通り1-6-2 2F)
【出演】  湯浅学
【入場料】  前売 2,500円
 (1ドリンクオーダー別/当日¥500増/整理番号無)
【備考】  ※湯浅学さん単独イベントです
【お問合せ】  <チケットのお問い合わせ・ご予約>
 オレンジ・ヴォイス・ファクトリー
  TEL 076-411-6121(平日10:00~18:00)

大人の音楽談義 2019【第1回】 ワインディング・ロード50年〜鈴木茂が語る「はっぴいえんど」

【開催日時】  2019年8月10日(土)
  開場1730 開演 1800
【会 場】  富山市民プラザ 3F マルチスタジオ
【出演者】  鈴木茂(トーク・ミニライブ) 湯浅学(聞き手・進行)
【入場料】  前売り 3,000円 ※全席自由  (当日3,500円)※整理番号無し
 ※前売券は終了しました。当日券はございません。
【チケット販売】  6月7日(金)10:00より一斉発売開始!
 ※前売券は終了しました。当日券はございません。
 富山市民プラザ1階事務所
 アーツナビ
 (富山県民会館・富山県教育文化会館・富山県高岡文化ホール・新川文化ホール)
 ローソンチケットLコード/56744) 
 チケットぴあ(Pコード/642-808)
 イープラスオレンジ・ヴォイス・ファクトリー

【お問合せ】  <チケットのお問い合わせ>
 オレンジ・ヴォイス・ファクトリー
  TEL 076-411-6121(平日10:00~18:00)
 <その他のお問い合わせ>
 富山市民プラザ
 TEL 076-493-1313(9:00~21:00)


 プロフィール


鈴木茂

鈴木 茂 (すずき しげる)


1970年アルバム「はっぴいえんど」をリリース。

3枚のアルバムを発表し<はっぴいえんど>解散。と同時に1974年単身L.A.に渡りソロアルバム「BAND WAGON」を完成させる。

帰国後アルバムリリースに合わせ<鈴木茂&ハックルバック>を結成し、全国ツアーを行う。その後<ティンパンアレイ>のメンバーとして数多くのセッション活動を重ね、ソロとしても7枚のアルバムを発表するかたわら、スタジオワーク、LIVEサポート、アレンジャー、プロデューサーとしても活躍。

2003年、再び自らのBANDとして、<鈴木茂BAND>を結成、現在はLIVE活動に力を入れている。

同時に、自身のサウンドを表現するエフェクターを各種製作し、ホームページにて販売も行っている。

鈴木茂 Shigeru Suzuki 公式ホームページ
http://suzuki-shigeru.jp/     

 



湯浅学

湯浅 学 (ゆあさ まなぶ)

1957年神奈川県横浜市生まれ。音楽評論家。

20歳の頃大瀧詠一の雑用係を経験。80年代初頭から埋もれた歌謡曲の発掘に勤しむ。

ジャンルを超えた執筆活動を展開。アナログ・レコードを聴くイベントを約10年前から定期的に開催中。

著書に『音楽が降りて来る』、『音楽を迎えに行く』、『ボブ・ディラン ロックの精霊』、『大音海』他多数。