このページの本文へ移動

event

イベント

こねるダンボールアート オダカマサキ展

7月16日(土)〜8月14日(日)

こねるダンボールアート オダカマサキ展

SNSやテレビで話題!
身近な素材であるダンボールで恐竜やドラゴンなどの生き物をつくるダンボールアーティスト
「オダカマサキ」による作品展。
まるで粘土で作られたような、ダンボールの限界を超えた繊細な作品が大集合!
ダンボールアートを手軽に体験できるワークショップも開催。

作品作品
 
【開催日時】
2022年7月16日(土) ~ 8月14日(日)
平日11:00~16:00 土日祝10:00~17:00

【場所】
富山市民プラザ 2階アートギャラリー

【入場料】
小・中学生500円、大人1,000円
未就学児無料

【ワークショップ】
6/30現在、満席となっております。
ただいま追加募集を調整中です。追加の際はこちらで告知いたします。
今しばらくお待ちください。
日時: 7月16日(土)、17日(日)、30日(土)、31日(日)、8月13日(土)、14日(日) 
(所要時間1時間)
[午前]10:30~ マスク&クワガタ [午後]13:30~ マスク&ホタルイカ
ワークショップ作品 クワガタワークショップ作品 ホタルイカ
 
場所: 2階アートギャラリーD(オダカマサキ展会場内)
料金: 1,000円(別途オダカマサキ展入場料がかかります)
定員: 10名/回
ハサミ等使用するため、10歳未満は保護者の同伴をお願いします。
アルコールを使用するため、アルコールアレルギーのある方はご遠慮ください。

ワークショップのお申込はこちら
 
【プロフィール】
オダカマサキ/ダンボールアーティスト
オダカマサキ/ダンボールアーティスト

1976年生まれ、埼玉県在住。
会社員をしながら、息子に「お父さんも何か作ってみせてよ!」と言われ、良いところを見せようとダンボール工作をはじめる。作品をSNSに投稿すると話題となり、2017年から「ダンボールアーティスト」として作家活動を始める。幻獣や身近な生き物をモチーフに創作、ダンボールの限界を超える造形を追求。シンプルな構成で綺麗な曲面やディテールを作ること、正確さより、魂を込めることを心がけている。ダンボールを「こねる」加工を得意とする。

Twitter 2.2万フォロー、Instagram 約3600人
日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」(2019)、フジテレビ「めざましテレビ」(2020)、日本テレビ「ヒルナンデス!」(2020)、株式会社新紀元社オダカマサキダンボールアートワークス出版(2020)、NHK「Eテレ ダンボールマスター」(2021)、テレビ東京「1minute art×SPY×FAMILY」、TBS「マツコの知らない世界」(2022)、などメディア出演多数。

こねるダンボールアート オダカマサキ展

こねるダンボールアート オダカマサキ展

▼こちらからダウンロードできます
こねるダンボールアート オダカマサキ展 チラシ
ページトップへ