このページの本文へ移動

event

イベント

クラシックの雫2021 第2回『ヘヴンリー -甘美なる奏楽の儀式-』

10月9日(土)

第2回『ヘヴンリー -甘美なる奏楽の儀式-』

プロデュース 廣瀬大悟。
その昔「神の楽器」の称号を与えられ、神聖な場面で荘厳な響きを奏でたトロンボーン。
人の声に近い、柔らかで澄んだ音色の調和の妙味こそ、トロンボーン合奏がもたらす悦楽の極みです。
プロデューサー・廣瀬大悟がメンバーでもある「トロンボーンクァルテット・クラール」が手がける縦横無尽のレパートリーに加え、ソリストとしての活動にも定評ある富山ゆかりのピアニスト・高森静香との共演で、上演の機会の珍しい2つの協奏曲を取り上げます。
そして、ブラスアンサンブルや吹奏楽のファンにはおなじみの人気作曲家・三澤慶がクラールのために書き下す新作がお目見え!「雫」シリーズ初登場となるトロンボーンクァルテットによる、スペシャルなステージにご期待ください。
 
 

■第2回 『ヘヴンリー -甘美なる奏楽の儀式-』

開催日時  2021年10月9日(土)
 16:00開演(15:30開場 )
会  場  富山市民プラザ 4Fアンサンブルホール
入 場 料  一  般 :前売2,500円(当日3,000円)
 高校生以下:前売1,500円(当日2,000円)
 チケットについて詳細はこちらをご覧下さい。
 (クラシックの雫公式ホームページへ)
お問合せ  クラシックの雫 事務局 090-8090-7360

 

 

■曲目 

3つのエクアール(L.v.ベートーヴェン)
4本のトロンボーンとピアノのための小協奏曲(F.ダーフィット/I.ルイス編曲)
トロンボーン四重奏と弦楽オーケストラのための協奏曲(J.クーツィエール)
委嘱作品(三澤 慶*初演)ほか
 
 

■出演

今込 治 【トロンボーンクァルテット・クラール】今込 治

東京都出身、在住。2004年東京藝術大学卒業。2011年ロストック音楽演劇大学卒業。横浜シンフォニエッタシーズンメンバー、山下洋輔ビッグバンド、大友良英スペシャルビッグバンド、メランジェ合奏団等に参加。上野学園大学非常勤講師。

 

上田 智美 【トロンボーンクァルテット・クラール】上田 智美

富山県滑川市出身、東京都在住。2006年東京藝術大学卒業。第3回東京音楽コンクール金管部門第2位(最高位)、第29回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門第4位。東京室内管弦楽団奏者。慶応義塾ワグネルソサエティーオーケストラトレーナー。

 

黒金 寛行 【トロンボーンクァルテット・クラール】黒金 寛行

福島県出身、東京都在住。東京藝術大学在学中よりN響アカデミーにて研鑽を積む。第4回済州国際金管楽器コンクールバストロンボーン部門第1位、第23回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門第4位。NHK交響楽団バストロンボーン奏者。

 

廣瀬 大悟 【トロンボーンクァルテット・クラール】廣瀬 大悟

滑川市出身、在住。県立呉羽高等学校普通科音楽コース、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。富山市民プラザ「音符のおしゃべり」プロデューサー、同「クラシック“逆引き”音楽事典」講師等、多方面で活動を行っている。FMとやま「レクサス富山 AMAZING CLASSIC」パーソナリティを務めるほか、コンサートMCでの独特の語り口でもおなじみ。ソリストとして、竹本泰蔵指揮東京佼成ウィンドオーケストラと共演。金沢大学、小松市立高等学校芸術コース各非常勤講師。

 

高森 静 高森 静香 (ピアノ)

富山県立呉羽高等学校音楽コースを卒業後、桐朋学園大学、ドイツのハノーファー音楽大学及び同大学院ソリストコース修了、ドイツ国家演奏家資格を取得。高田信、黒田素子、川島伸達、竹内啓子、井上直幸、ベルント・ゲツケの各氏に師事。CD「暁の歌~ブラームス、シューマン、ベートーヴェン ピアノ作品集」を発表。桐朋学園大学音楽学部附属 子供のための音楽教室富山教室、開進堂楽器、母校の呉羽高校音楽コースでも後進の指導にあたる。

 

 

 


クラシックの雫2021

 

 

 

 

ページトップへ